FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道しよう 

みなさん、こんにちは。
僕、Marc(まーく)です。


小さい方がMarcだからね!
(↑ 美幌の従妹宅でくつろぐMarcさん)


美幌に到着した僕たちは、
タクシーでぶぅさんとこぶぅちゃんのおうちに行った。

今回のサプライズは、


まふゆ 「早朝5時半にチャイムを鳴らして、
     こぶぅをたたき起こす!!!」



……というものだったんだ。
毎回、毎回、よく考えるよね。

おうちで少し休んで、
美幌を10時過ぎに出発したよ!


ぶぅ   「ねぇ、こぶぅ
     リスさん、また見に行く?」

こぶぅ  「リス、たくさんいるならね」


……何、この会話???
リスさんって、先月、連れてってもらったリス園?


まふゆ 「こないだこぶぅの友達とみんなで行ったら、
     満腹だったらしくて、誰もエサねだりにこなかったんだってさ」

こぶぅ  「リスいなかったもん!」

ぶぅ   「いるよ! ちゃんとリスさん、いるよ!」


……こうして僕たちは、網走経由で根室へ向かうことになったんだ。


リス園……本当の名前はオホーツクシマリス公園。
まだ午前中だから、リスさんたちはおなかがすいているはず……


こぶぅ   「リス、いない!!!」

ぶぅ    「いるよ! リスさん、いるよ!」


ふまないように注意!!!
(↑ 出てきた)

あちこちにいますよ
(↑ こんなところにも)

お顔がぷくぷく
(↑ こんなところにもいるのです)


あっちにもこっちにもリスさんがいっぱい~


こぶぅ   「食べてる~」


このリスは稲穂が好物らしい
(↑ こぶぅの手からエサを食べるリスさん)


すっかりご機嫌がなおったこぶぅちゃん。
よかったね!


まふゆ  「根室の叔父上から到着時間の確認の電話がきた。
    根室へ行かなくては!」

ぶぅ   「夕方までには着くと思う~」


さぁ、行こう、根室へ!!!


まふゆ 「根室に入る前に、別海で寄り道を……」


かわいい建物
(↑ 道の駅おだいとう


ぶぅ   「寒い~」

まふゆ 「天気悪いから、四島(しま=北方領土)も見えないし」


クナシリ、遥かなり
(↑ かすかに海以外の何かが見える……と思う)


そうだねぇ、晴れてたら国後島がよく見えたはずなのにねぇ。

敷地内には四島への道・叫びというタイトルの像があるよ。


暗くてよく見えない……
(↑ 雨がポツポツ降り始めたので、全体的に暗い……)

痛々しい姿に胸が痛む
(↑ お祖母さんが息子さんとお孫さんと一緒に、四島を返せと叫んでいます)


まふゆ 「国後は温泉があって暮らしやすかったらしいよ」


あの島に、昔は日本人がたくさんいたんだね。


まふゆ 「親戚の親戚の小母さんが話してくれたんだけどさ、
     国後がロシアに占領された時にね、
     ロシア兵に見つかったら自決する覚悟で、
     懐にネコイラズ(殺鼠剤)入りのお団子持って、
     深夜に、昆布漁の小さな船で根室まで逃げてきたんだって。
     女はさ、見つかったら、殺されるどころじゃないからね……」


涙なしでは聞けない話だね……
でも、こういうお話を伝えていくのって大事なことだよね。


ところで、親戚の親戚って???


まふゆ 「父の妹のご主人のお父さんの妹さん」


……わかりにくい説明だ。


まふゆ 「こぶぅ、せっかく別海にきたんだから、
     おいしい牛乳を買ってあげよう」

こぶぅ  「コーヒー牛乳がいい~」


従妹姪にテトラパックのコーヒー牛乳を買って、
そして自分は……


べつかいのアイスクリーム
(↑ 別海は牛乳の名産地ですからぁ~)


ちょっと!!!
風邪ひいて具合悪いんじゃなかったの!?


まふゆ 「別海に来て、ソフトクリーム食べないわけには……」


別海は根室の隣町だけど、
とにかく広い町だから、
まだまだ根室は遠いんだ。

さぁ、根室に行こう!
叔父さんたちが待ってるよーっ!!!
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。