スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板粕、焼いちゃいました 

先月、根室に行った時、
親戚宅の近所の酒屋さんの入口に

北の勝の板粕入荷しました」
(↑ 北の勝=根室の地酒)

と、ありましてね。
北の勝の諸粕は食べたことあるんだけど、
板粕は食べたことないな、と。
諸粕を使って作った粕汁や甘酒が、
それはそれは美味しいので、
板粕もさぞかし美味しいに違いない、と。
思い切って、お店に入ってみたわけです。

そしたら、売り切れだった!!!

酒屋さんの奥さんいわく、

「たくさん仕入れたんだけど、
あっという間に売り切れたの。
根室の人はね、酒はとにかく北の勝
酒粕も北の勝のが大好きなのよ。

根室だけじゃなくて、釧路の人もそう。
最近は札幌からも注文がたくさんくるのよ。
北の勝の板粕、美味しいわよ。
これ食べたら、スーパーの大量生産の板粕は
食べたくなくなるわよー
だって、根室の人はみんなそうだもん」

再入荷したら、札幌まで送ってくれるというので、
楽しみに待っておりました。
で、予想より早く、二月下旬には届いたんだ。


あまりの大きさに驚いた
(↑ 3Kgのが二つ)


3kg1080円。
これを二つ頼んだので、6kg。
……いいのか、この値段で???
まぁ、あたしはありがたいけどさー


ネットでも板粕買ってるし……
(↑ Marcさんと、一般的な300gサイズの板粕と比べると……)


袋の上からでもわかる、むっちりとしたなめらかな板粕。
こんなきれいな板粕、初めて見た。
四つに切って、小分けして……
冷凍庫に入れておけば秋まで保存できるらしい。


本当にきれいなきれいな板粕
(↑ 上質のクレイのよう)


で、どうやって食べてるかというと、
そのまま食べるか、焼くかのどっちか。
本当にむっちりしていて、そのまま食べても美味しい。
で、不思議なことに、
そのまま食べるとあんまりお酒くささを感じないんだけど、
焼くとお酒の風味が強くなるんですよ。


最近はなんでもネットで買えて便利だわー
(↑ 左が北の勝、右は通販で買った潟舟という銘柄のもの)


よーく焼いたのを、そのまま食べるのが好き。
たまにお砂糖をぱらぱらっとかけてみたり、
ピザ用チーズのせて焼いたりしてます。

確かに、これを食べたら、
来年もまた食べずにはいられないな!



酒粕効果か、最近、顔があまり乾燥しないような気が……
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。